文化系ハック

当ブログ「文化系ハック」は芸術や学問など文化的な事項をいちじるしく好む『文化系』と言われる男女に向け、ライフハックや生活に役立つ情報、インターネットの様々なカルチャーに関する情報を発信していきます。

お米のカロリーを半分にしちゃう炊き方がカンタンすぎて使える

✔この記事をブックマーク

f:id:bunkakeihack:20180207053727p:plain

 

ご飯は比較的安くて何にでも合うし美味しくて大人気ですが、御存知の通り欠点もあります。


白米を多く消費すると糖尿病のリスクに結びついてしまいます。

食べたお米は体内で糖にかわり、そのあとは脂肪に変わってしまいます。


糖質制限なども流行りましたが、どうしてもごはんを食べるのがやめられなかったという人も多いのでは。


そんな小悪魔的なポジションの白米ですが、ワシントン・ポストになんと、科学者が発見した「簡単にカロリーを劇的に減らすことができるお米の炊き方」が紹介されていました。

Scientists have discovered a simple way to cook rice that dramatically cuts the calories - The Washington Post

 

白米のカロリーを50〜60%減らす炊き方

スリランカのカレッジ・オブ・ケミカル・サイエンスは、簡単にお米のカロリーを50%も減らすことができる調理法を発見しました。

その炊き方とは


1.米の重量の3%のココナッツオイルを加えて普通に炊飯する

2.炊き終わったら、約12時間冷蔵庫で冷やす


たったこれだけ。めっちゃ簡単。

 

この炊き方でなぜ痩せる?

油は米のデンプンと相互作用し、その構造を変えるそうで、レジスタントスターチという物質に変わります。


レジスタントスターチは難消化性デンプンとも呼ばれ、その名の通り消化されづらいデンプンです。


レジスタントスターチは消化酵素によって分解されにくいため血糖値の急上昇が抑えられます。


そして、小腸で消化されず、大腸で腸内細菌に発酵されて有機酸として吸収されるので摂取カロリーが通常のでんぷんと比べておよそ半分に。

http://www.jfrl.or.jp/jfrlnews/files/news_no34.pdf


さらに、吸収が遅いことによるセカンドミール効果で空腹感が抑えられ、1日の食事量を抑えることができるため「ダイエットに最適なごはん」と言えるでしょう。


冷ご飯のようにご飯が冷めると一部のデンプンが再結晶化されレジスタントスターチに変化するのは知られていましたが、ココナッツオイルと炊くことでレジスタントスターチに変化させる量を劇的に増やすことができるのは驚きです。


ちなみに、実験されたスリランカで広く使われているココナッツオイルを使用しただけで、ヒマワリ油など他の油を使ってもカロリーを減らせるのか調べているそう。


「奇跡の油」と呼ばれるくらいココナッツオイルは使い道豊富なので一本持っておいて損はないかもです。

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本

 
ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~

ココナッツオイル健康法~病気にならない 太らない 奇跡の万能油~

 

 

レジスタントスターチは再加熱すると効果がなくなってしまうの?

多くの健康系サイトなどではレジスタントスターチは再加熱すると元のデンプンに戻ってしまうと言われていますが、ヴァージニア連邦大学化学部のSudhair Jamesは

「たとえ再加熱しても健康的」

と言います。

"Chilling the rice then helps foster the conversion of starches. The result is a healthier serving, even when you heat it back up."


さらに、ポーランドのヴロツワフ環境・ライフサイエンス大学の論文(Agricultural University of Wrocław、論文発表時の旧称Agricultural University of Wrocław)でも

「多くの熱安定性構造が形成される」

としています。

”As a result of retrogradation, more thermostable structures are formed by amylose rather than by amylopectin.”

http://journal.pan.olsztyn.pl/pdfy/2004/1s/rozdzial3.pdf


科学的コンセンサスでは「それほど高温であつあつに温め直さなければOK」という感じですね。

 

「レジスタントスターチ米」を食事に取り入れてみよう

というわけで、ついつい食べすぎてしまうごはんのカロリーを半分にしちゃう炊き方の紹介でした。

12時間冷やすのは少し時間がかかる気がしないでもないですが、ほぼ放っとくだけでできるので取り入れやすいかと思われます。

 

炭水化物を食べてもやせる!レジスタントスターチ式ダイエット

炭水化物を食べてもやせる!レジスタントスターチ式ダイエット